地域づくりタイトル

地域活性化へタッグ!!
岩手県立大学×社会福祉法人みちのく大寿会

地域づくりタイトル
令和3年3月9日、岩手県立大学社会福祉学部の宮城研究室(宮城好郎教授)と包括連携協定を結び、当法人が運営する小規模多機能ホームくじひらに出張研究室を設置することとなりました。
包括連携協定調印式では、地域の方々、大野高校生、岩手県立大学生など多数のご出席ありがとうございました!!
地域づくりタイトル
岩手県立大学は岩手県の事業を受託し、令和2年度から洋野町大野をフィールドに、課題解決に向けワークショップ開催などの取り組みを進めてきました。地域づくりに取り組んでいく過程の中で実現したのが、今回の包括連携協定です。
期間は3年で、地域の人が気付かないような資源をつなぎ合わせたり、高校生に学びの場を提供したりと地域づくりの活動をさらに進めていきます!

宮城教授より「大学生が地域になじみ、これまでなかった連携を生み出してほしい。まちづくりに関わる人口を増やしていく場にしていきたい。」と力強いお言葉を頂きました!

その他のみちのく大寿会の活動について


小規模多機能ホームくじひら祭り

認知症カフェ

インドネシア看護大からの視察研修

介護福祉士実務者研修

みちのく大寿会職員
奥入瀬ウォーキング

大野高校合同防災訓練

久慈平荘デイサービス 化粧療法